友達にお金を借りる際の注意点

お金を借りる場合、通常は銀行・信用金庫をはじめとした金融機関に行って、キャッシングを利用することになります。金融機関では、キャッシングの申し込みをした人に対して、貸し出しても大丈夫なのかを審査しています。

キャッシングをする際の審査基準

審査の基準は金融機関によって若干異なりますが、ある程度は共通しています。キャッシングの申し込みをした人の収入・所得を中心に判断していきます。銀行のキャッシング審査は、非常に厳しいものとされていて、正規雇用などで安定した収入を持っている人にしか貸し出さないのが基本です。派遣社員、アルバイト、パートタイムなどの非正規雇用で働いている人は、銀行ではなく、消費者金融のキャッシングを利用するのが一般的です。

友達にお金を借りるときに気を付けるべき点

しかし、お金を借りる方法は、金融機関を利用することばかりではありません。友達にお金を借りる場合もあります。友達にお金を借りる際は、金融機関でお金を借りるのとは状況が違ってくるため、気をつけるべき点も違います。

たとえば、金融機関で借り入れたお金を返済する際には、高い金利を支払う必要がありますが、友達にお金を借りる場合は、金利を設定しないのが一般的です。利息をつけて返済するとしても、ほんの気持ち程度という場合が大半です。

友達にお金を借りるなら信頼関係を崩さないようにしっかり返済を

しかし、友達にお金を借りる場合は、きちんと返済することができるかどうかが、直接的な人間関係に大きく影響するのです。返済が滞ってしまうと、金融機関の場合でも信頼関係を損なうことになりますが、友達にお金を借りる場合は、借りた友達だけでなく、周囲の人々からの信頼も失ってしまいます。友達にお金を借りるということは、あくまでも最終的な手段と考え、できるだけ避けるようにするべきです。お金の貸し借りをしている関係というのは、あまり望ましい関係ではないのです。これは、きちんと返済するかどうかの問題とは別の問題です。

ただ、本当に信頼し合える関係が築けていれば、友達にお金を借りるということも可能です。もし友達にお金を借りるという決断をして、借り入れた場合は、きちんと返済していかなければなりません。返済期日を定めているのが普通ですが、期日よりも早く返済を終わらせるように努力するのが原則です。本当に良い人間関係というのは、お金を伴わないものが望ましいです。友達にお金を借りるような状況はできるだけ避ける必要があります。

借りたお金は返す、ということは誰でも当たり前だと知っています。友達だからこそ、誠実に行動しなければなりません。

このページの先頭へ